多汗症治療のボトックスもわきがに効果がある場合がある


ワキガの治療法として、ボトックスを脇に入れて、エクリン汗腺を抑制する治療法があります。

エクリン汗腺は、汗を分泌する働きがあるので、この治療法は多汗症の治療になります。

ボトックスはわきがの治療ではないのですが、汗が抑制されるので、臭いを少なくすることができます。


ボトックスの優れている点として、アレルギーの心配がない点が挙げられます。

それに、施術時間も5分くらいで済みます。

また、傷跡がほとんど残らないので、気軽に行なえるのもうれしいですね。


デメリットとしては、ボトックスはわきがの手術ではないので、臭いの元であるアポクリン汗腺は取り出しません。

したがって、その効果は永久ではなく、個人差がありますが、だいたい半年から1年程度となっています。

あと、アレルギーはありませんが、腕がだるい感じになることもあります。


ボトックスでの治療を考えている方は、わきがの状態と、ボトックスでの見込まれる効果など、医者とよく相談して、治療を行なうようにしましょう。



  






 ▲[多汗症治療のボトックスもわきがに効果がある場合がある]上にもどる

はじめての方へ

わきがと体臭の原因と対策

わきが・体臭対策グッズ

わきがの治療・手術

足の臭いの原因と対策

口臭の原因と対策

食生活で体臭予防

生理中の臭いの予防と対策

髪をきれいにする美髪ケア

歯をきれにするマウスケア

美容・わきがリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 わきが(ワキガ)の予防対策ガイド. All rights reserved