足の臭いの原因


足の臭いは汗や雑菌が原因です。

汗腺の分泌物を、皮膚の常在菌が分解したものが足の臭いの元です。

足の臭いが気になる人は、やはり汗をたくさんかくという人が多いようです。

足の臭いは、わきがのように遺伝傾向はあまり関係ありません。

遺伝よりも生活習慣の影響の方が大きいと言われています。

また、偏平足も汗の蒸発が妨げられやすいため、足の臭いの原因となります。

夏場はもちろん、ブーツを履く機会の多い冬場も気を抜けません。

しっかりと足の臭いのケアをしましょう。


(1)汗

足の裏は汗腺が集中しています。足の裏には体の他の部分の3倍〜10倍の汗腺があり、暑い時や緊張した時に分泌される汗腺(エクリン腺)がたくさんあります。1日にコップ約1杯分の汗をかくといわれています。汗を放置しておくと皮膚の常在菌によって分解され、悪臭を放ちます。

汗自体にはにおいはありませんが、汗の量が他の部分よりも多いことと、靴を履いているため蒸れやすいこともあり、臭いやすくなってしまうのです。


(2)雑菌

足の裏は角質層が厚く、新陳代謝や歩いたりすると摩擦や汗によって角質がふやけてはがれ落ち、アカとなります。そのアカと汗や皮脂が混ざると雑菌はますます繁殖し強いにおいを発します。

靴など密閉された状態の足は、雑菌が繁殖しやすい高温多湿な状態にあるため、雑菌の繁殖活動は活発しさらに臭いを発生させます。

特に冬場、女性がよくはいているブーツなどは、熱を逃がさず密閉された空間を保ち、さらには足の大部分を占めているので、暑い夏場でなくとも臭いが発生してしまいます。

     スポンサードリンク
   

  






 ▲[足の臭いの原因]上にもどる

はじめての方へ

わきがと体臭の原因と対策

わきが・体臭対策グッズ

わきがの治療・手術

足の臭いの原因と対策

口臭の原因と対策

食生活で体臭予防

生理中の臭いの予防と対策

髪をきれいにする美髪ケア

歯をきれにするマウスケア

美容・わきがリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 わきが(ワキガ)の予防対策ガイド. All rights reserved