足の臭いを予防するための靴のケア


汗をかきにくい靴を選ぶポイントは以下のとおりです。


(1)甲が圧迫されにくい靴

足の甲の部分が薄いと、圧迫されて血行が悪くなり足が疲れやすくなります。

汗をかきやすくなる原因にもなります。


(2)つま先、幅にゆとりがある靴

とがったつま先の靴や足の指が窮屈な靴だと通気性が悪く、蒸れとにおいの原因ともなります。


(3)くるぶしが靴にあたらないもの

深さのある靴では汗をかきやすく通気性が悪いので、においがこもりやすくなります。


(4)足の裏が安定する靴

かかとや土踏まずが安定しない靴では摩擦熱が発生し、汗をかきやすくなります。


毎日履く靴のケアをしっかりしておけば、嫌なにおいを防ぐことができます。


(1)脱いだ後はすぐに下駄箱にしまわない。

アルコール入りのウエットティッシュや消臭スプレーで殺菌してから、風通しのよいところに置き日陰干しし、しっかり乾燥させてから下駄箱にしまいましょう。

また、下駄箱も基本的に湿気が多く臭いの原因になりますので、除湿剤を入れたり新聞紙を敷いたりして湿気を逃がすようにしましょう。


(2)同じ靴をずっとはかない。

靴は1日履いたら翌日は別の靴をはいて出かけるのもおすすめです。2〜3足を履きまわすのもよいでしょう。


(3)外出先でのケア

会社などで靴の蒸れが気になるときは、10円玉や5円玉が大活躍します。

効果には銀などの金属イオンを含んでおり、消臭効果があるので、少し靴をぬいで硬貨を入れて消臭しましょう。

     スポンサードリンク
   

  






 ▲[足の臭いを予防するための靴のケア]上にもどる

はじめての方へ

わきがと体臭の原因と対策

わきが・体臭対策グッズ

わきがの治療・手術

足の臭いの原因と対策

口臭の原因と対策

食生活で体臭予防

生理中の臭いの予防と対策

髪をきれいにする美髪ケア

歯をきれにするマウスケア

美容・わきがリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 わきが(ワキガ)の予防対策ガイド. All rights reserved