加齢臭は食事で撃退!


「加齢臭」とは、字の通り、年齢を重ねることによって発生する体臭のことを言います。

でもなぜ年齢を重ねると、特有のにおいが発生するのでしょうか??


それは、年をとると血管中にコレステロールなどの老廃物が蓄積されると同時に、皮脂腺にも脂肪が増えてくるためです。

特に40歳過ぎあたりから皮脂中の脂肪が増えると言われていますが、この脂肪が酸化したり分解されると、「ノネナール」という体臭成分が発生します。

このノネナールこそが、加齢臭と呼ばれる特有のにおいのもとなのです。

また40歳を過ぎると活性酸素と戦う力(抵抗力)が弱くなり、脂肪の過酸化を防ぐ力も弱まってしまうことも原因として挙げられます。


しかし近年、加齢臭は中年男性だけでなく、中年女性や若年層にも発生すると言われるようになってきました。

女性でも生理が終わる、つまり閉経後の場合は、ホルモンの状態が男性とそう変わりなくなるため、男性と同じように加齢臭が発生しやすくなると言えます。


その他、年齢だけでな「食生活」の内容にも体臭は深くかかわっています。

現在では食の欧米化によって、動物性脂肪を多く摂る料理を食べることが増えてきました。

肉類や乳製品の動物性脂肪は、体内で酸化して過酸化脂肪となり体臭を発生させます。

また、脂っこい料理は、脂肪を酸化させる活性酸素の増加にも結びついています。


体臭を抑えるには、動物性脂肪の摂取を減らし、活性酸素をできるだけ抑えることが必要です。

活性酸素を抑える「抗酸化作用」のある食べ物を積極的に摂ると同時に、基本的な毎日の食事を整えていかなくてはなりません。

毎日の食事は、昔の日本で食べられていた魚、野菜、豆類を中心とした和食メニューが望ましいです。

脂肪が少なく、繊維をたっぷり、そして植物性の食品を中心に、つまり体臭予防には和食がよいのです。

活性酸素は、体臭のほかにも体にいろいろな弊害をもたらしますので、家族皆で食生活を改善することで、家族の健康にもつながるでしょう。

     スポンサードリンク
   

  






 ▲[加齢臭は食事で撃退!]上にもどる

はじめての方へ

わきがと体臭の原因と対策

わきが・体臭対策グッズ

わきがの治療・手術

足の臭いの原因と対策

口臭の原因と対策

食生活で体臭予防

生理中の臭いの予防と対策

髪をきれいにする美髪ケア

歯をきれにするマウスケア

美容・わきがリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 わきが(ワキガ)の予防対策ガイド. All rights reserved