歯石・黄ばみ・出血などのトラブル対策


歯石

歯石とは、文字通り歯についた石のような物質のことで、歯垢(プラーク)が唾液の中のミネラル(カルシウム・リン)と混ざり合い石灰化したものです。歯垢(プラーク)同様、この歯石も口臭の大きな原因の一つとなります。

磨き残しによって歯垢がたまると、唾液中のカルシウムが沈着して硬い歯石となってしまいます。

歯石は歯周病の原因にもなるため、磨き残しのないようにしましょう。 また歯石はとても硬く、一度歯に付着した歯石は通常の歯ブラシでは完全に取り除くことはできないので、歯医者さんでで除去してもらわなくてはいけません。

歯の黄ばみ

タバコのヤニやお茶、ワイン、コーヒーなどに多く含まれるポリフェノール、タンニンなどが歯の表面に付くと黄色く見えてしまいます。
また、お茶やコーヒーを飲んでいても着色しやすい人とそうでない人がいます。これは、歯並びや歯の形、歯の表面のざらつき具合などもひとつの原因ですし、唾液の性質や分泌量が影響するともいわれています。

着色成分は歯石と一緒になると、固まって取れにくくなるので、歯石のできやすい人は着色しやすいといわれています。紅茶や緑茶に含まれるタンニンは、鉄分によって黒ずむため、口腔内に出血があるとさらに着色が目立つこともあります。

日々の歯磨きでホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うことをおすすめします。

出血

歯茎が炎症を起こして出血するのは歯垢の蓄積が原因です。

丁寧に歯を磨いて歯垢がたまらないようにすることはもちろん、軽い炎症であれば歯ブラシで軽くマッサージするように磨きましょう。

しばらくしても出血が止まらない場合は、歯医者さんに相談しましょう。

     スポンサードリンク
   

  






 ▲[歯石・黄ばみ・出血などのトラブル対策]上にもどる

はじめての方へ

わきがと体臭の原因と対策

わきが・体臭対策グッズ

わきがの治療・手術

足の臭いの原因と対策

口臭の原因と対策

食生活で体臭予防

生理中の臭いの予防と対策

髪をきれいにする美髪ケア

歯をきれにするマウスケア

美容・わきがリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 わきが(ワキガ)の予防対策ガイド. All rights reserved