正しい歯の磨き方


歯磨きの基本は「小刻みに動かす」ことです。

歯を1本1本磨くような気持ちで動かしましょう。

◆歯ブラシはペンのように握ります。
◆泡立ちがよくなるよう、歯磨き粉は歯ブラシを水で濡らしてから小豆(あずき)大の量をつけます。

歯の部分ごとの磨き方

(1)歯の表側

歯に対してなるべく直角にブラシをあてて、小刻みに(2〜3mm)横に動かします。

前歯は上下の歯の全体に円を描くように動かします。

奥歯の下の歯は上の歯よりも直角にブラシがあたりにくく磨きにくいので注意して磨きましょう。


(2)歯の裏側

歯に対してなるべく垂直にブラシをあてて、小刻みに縦に動かします。

奥歯は磨き残しが多いので、1本1本磨くつもりで動かしましょう。

(3)歯と歯の隙間・歯と歯茎の境目

歯に対して約45度にブラシをあてて、小刻みに横に軽くマッサージするように動かします。(歯茎が引き締まります。)


(4)奥歯のかみ合わせ

歯に対して直角にブラシをあてて、小刻みに手前に引くように動かします。

最終チェック!歯垢がつきやすい箇所をチェックしよう

(1)歯と歯茎の境
(2)歯と歯の間
(3)前歯の裏
(4)奥歯の溝
(5)上の奥歯の奥


口をよくすすいだら、舌を使って磨き終わった歯を触ってみましょう。ヌルヌルしたり、ザラザラ感がある箇所があれば、もう一度磨きましょう。

ブラシでは取りにくい歯垢などは、下記のようなものをブラシとあわせて使うとより効果的です。

(1)歯間ブラシ
  針金にブラシがついているもので、歯と歯の間に差しこんで細かく動かします。

(2)デンタルフロス(糸ようじ)
  歯と歯の間に通して歯垢を取り除きます。
 

歯磨きを終えたら物を食べたり飲んだりするのは避けましょう。また、黄ばみの原因となるタバコも控えるなど、磨いた後もキレイに歯を保つようにしましょう。

     スポンサードリンク
   

  






 ▲[正しい歯の磨き方]上にもどる

はじめての方へ

わきがと体臭の原因と対策

わきが・体臭対策グッズ

わきがの治療・手術

足の臭いの原因と対策

口臭の原因と対策

食生活で体臭予防

生理中の臭いの予防と対策

髪をきれいにする美髪ケア

歯をきれにするマウスケア

美容・わきがリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 わきが(ワキガ)の予防対策ガイド. All rights reserved