口臭予防・マウスケアのための歯磨き粉を選ぶポイント


口臭を予防したり、歯をきれいにするためには、歯磨き粉にも気をつけることが大事です。

ただ本来、歯磨きの一番の目的である「歯垢を取る」には歯磨き粉は必要ないと言われています。歯磨き粉をつけて泡が多すぎると、どこを磨いているのか見えなかったり、口の中がいっぱいになってしまって長く磨き続けることができません。また、スーッとする香料が入っているために、実際に汚れは落ちていなくても、口がさっぱりしてきれいになったような錯覚に陥ってしまいます。

でも歯磨き粉のスッキリ感はなかなか捨てがたいものです。歯磨き粉なしで歯磨きをしたあと、歯ブラシの頭の1/3以下の量になるように歯磨き粉を出して総仕上げとして軽くブラッシングすることをおすすめします。

また、歯磨き粉を選ぶには、配合されている成分に着目しましょう。

テレビCMなどでよく聞く名前ですが、しっかり成分の名前と役割をチェックしましょう。


(1)フッ素

フッ素は、歯の再石灰化(修復)に役立ちます。

エナメル質が強くなり虫歯を予防してくれます。

またフッ素には歯垢を抑える効果もあります。


(2)ビタミンE

ビタミンEは、歯茎の血行を良くし、老化を防いで色をきれいにする働きがあります。

歯周病予防にもビタミンEは効果的です。


(3)キシリトール

キシリトールは、歯の再石灰化を促進します。

また、キシリトールは口臭予防にもなる天然の甘味料です。


(4)ハイドロキシアパタイト

ハイドロキシアパタイトは、歯の主要成分で、唾液に含まれるミネラル成分と反応して歯の再石灰化を促進します。

歯垢を落とす効果もあります。


また、研磨剤が入っていない歯磨き粉を選ぶようにしましょう。研磨剤が含まれた歯磨き粉は、歯の表面をこすりすぎたり、使い過ぎると歯が擦り減ってしまいます。

歯磨き粉はブラシの毛の先にほんの少しつける程度で十分です。

     スポンサードリンク
   

  






 ▲[口臭予防・マウスケアのための歯磨き粉を選ぶポイント]上にもどる

はじめての方へ

わきがと体臭の原因と対策

わきが・体臭対策グッズ

わきがの治療・手術

足の臭いの原因と対策

口臭の原因と対策

食生活で体臭予防

生理中の臭いの予防と対策

髪をきれいにする美髪ケア

歯をきれにするマウスケア

美容・わきがリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 わきが(ワキガ)の予防対策ガイド. All rights reserved