正しい歯ブラシの選び方


(1)歯ブラシの毛の硬さ

歯ブラシは、一般的には「ふつう」を選びましょう。

「かため」は毛先が歯茎に当たって痛く感じ、歯の隙間に毛先が入りにくく、「やわらかめ」は汚れが落ちにくくしっかり磨くのに時間がかかります。

ただ、歯茎に炎症」があるときは「やわらかめ」を選ぶとよいでしょう。

なお、歯ブラシの毛質はナイロン製を。豚毛は泡立ちがよく歯ぐきにもやさしいのですが、柔らかすぎて歯垢を取るにはあまり向いていません。ナイロン製は品質にムラがなく、衛生的です。


(2)ヘッド(植毛部分)の大きさ

歯ブラシのヘッドは、上の前歯2本分よりもやや小さいものが目安です。

大きすぎると小回りがきかないので奥歯が磨きにくくなります。


(3)歯ブラシの柄

握りやすく、磨くときに動かしやすいようにまっすぐなものを選びましょう。

歯医者さんに行ったときに自分に合った歯ブラシを聞いてみるのもおすすめです。


(4)毛先の形

歯ブラシの毛先は、平らなものや球状のものより、細く丸い毛先のものがよいでしょう。

自分の使い心地も重視しましょう。


(5)歯ブラシの買い替え時

後ろから歯ブラシを見て、毛先が飛び出てみえたら替え時です。

1日2回磨くと考えると、1ヵ月〜1ヵ月半くらいが交換の目安です。

衛生面を考えても必ず取り替えましょう。

【歯磨きは1日何回がベスト?】

歯磨きの理想は1日3回、3食の後です。

1日2回しか磨くチャンスがなければ、「朝食後」と「就寝前」がよいです。

1回しか磨くチャンスがなければ「就寝前」です。

寝る前の歯磨きが一番大切です。

夜眠っているときは唾液の量が減るため口の中にばい菌が繁殖しやすいのです。

     スポンサードリンク
   

  






 ▲[正しい歯ブラシの選び方]上にもどる

はじめての方へ

わきがと体臭の原因と対策

わきが・体臭対策グッズ

わきがの治療・手術

足の臭いの原因と対策

口臭の原因と対策

食生活で体臭予防

生理中の臭いの予防と対策

髪をきれいにする美髪ケア

歯をきれにするマウスケア

美容・わきがリンク集

サイトポリシー

お問い合わせ

相互リンクのご依頼はこちらから

Copyright © 2006 わきが(ワキガ)の予防対策ガイド. All rights reserved